スポンサードリンク
   


裏情報入手!専業主婦がパート主婦になるとき。


専業主婦パート主婦として社会に出ようとするとき、
そのハードルの高さは人それぞれです。
その人の職経歴、もっている資格も大きく影響しますが
主婦の場合は年齢も大きく影響することでしょう。




実際のところ、50代に突入していると
パート探しは至難の業となります。
何か資格でも持っていればよいのですが、
50代の主婦が生きてきた時代は、
女性は結婚して家庭におさまるもの、女性が賢すぎると貰い手がない、
なんてまだ言われていた時代なので
今の若い世代の主婦のように きちんと資格をもっている専業主婦が
比較的少ないということも事実なのです。

子育てがひと段落ついて、等の理由で、ある程度、家庭が落ち着いてくると
パート主婦として社会に働きに出ようか、と思う専業主婦も多くいます。
でも、50代の女性がパートに出るということの難しさは
職探しからはっきりとしています。




まず、パートの職種内容が限られていきます。
レジ打ちや食品管理をはじめとしたスーパーや、
厨房、お運びさんなどの飲食関係等、
サービス業は比較的パート探しがしやすいようです。
ここでは、土・日曜日の出勤は当たり前となってくるので
土・日曜日に自分がパートに出ることにより
家族との距離はどうなるのか、
しっかりと考えてから次へ進まなくてはなりませんね。

サービス業に抵抗のない主婦ならばよいですが
そうでない主婦は、
50代に入るとぐっとパート探しが難しくなることが予測されます。
事務の関係は難しく、
医療関係も資格がなければ、パートで働くことは困難となることでしょう。
50代の専業主婦がパート主婦へと変わっていくには
いろんなことに対してハードルが高くなります。
まずは慌てずに、じっくりとパート探しをすることをおすすめします。
posted by jyuka at | 専業主婦が思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働く女性が増加した今、50代の主婦が直面する現実。


アベノミクスの影響か、働く女性増加したと思います。
でも、女性の働く真の目的は何なのでしょうか。
そして働く主婦も増加しているのでしょうか。
確かに50代の主婦にとって、
働く女性が増加しているという世の中は、羨ましくもあります。



なぜならば、50代の女性の年代は
男女雇用機会均等法が施されたとはいえ、
その法に基づいて生きてきた人は少ないからです。
要するに女性は結婚して家庭に入る、という時代であったからですね。
そんな大昔の時代の話しではありません。
ざっと25年くらい前の話ですから、時代は流れたものです。

働く女性が増加した今、50代の主婦が直面する現実

今、50代の主婦が働く為には
年齢的にも何か資格を持っていた方が社会に出やすいことでしょう。
でも、資格など何もない女性は 
50代という年齢が、働く為にはちょっとネックになってくるかもしれません。




私も子供の教育費を得るために、パートに出ようと思いました。
確かに働く女性に優しい世の中になり、求人も多くありました、
でも特に資格のな50代の主婦が働くのには、
やはり厳しい現実が待っています。
ハッキリいえば、職種はあまり選ぶことはできません。
ひと昔前見たいに、悲しくなるような仕事しかない、
といったことはありませんが、
自分がやりたい仕事につける、という望みは
残念ながら50代になれば、諦めなければならないでしょう。
職種的は、ほとんどがサービス業の関係となるでしょう。
飲食店やスーパーなどの関係ですね。
そうなると土日の出勤が必須となってきます。

合わせて読まれているページはこちらかわいい
次項有 主婦のパートが決まらない時も慌てちゃダメ!
次項有 50代専業主婦の私が 再び社会で働く理由。
次項有 ハローワークに行ってきました。

今は働く女性も当たり前になってきました。
しかし、50代の女性、特に主婦には
やはり年齢的に難しいパート探し、仕事探しとなることは間違いありません、
貴女が働く女性として社会に出ていくならば、
まず職探しの前に、自分の希望と違う仕事に就く場合、
どのあたりまで譲歩できるかを、
頭と心できちんと整理してから職探しはした方がよいです。
働く女性が増加したことは本当だと思います。
一種、女性も社会に出やすい時代となりました。
でも50代の主婦には、まだ厳しい現実が待っています。頑張りましょう。

50代女性のパート探しは職種をどうするか悩みます。


50代女性がパートに出るとき、
なにが難しいかと考えると職種選びかもしれません。
現実は厳しく、ひとつずつ年齢を重ねるごとに
パートの職種の幅も狭くなってきます。
もちろん、なにか資格でも持っていれば
それはパートに出るときの大きな強みになります。
例えば看護師、薬剤師、保育士、他にも
ワードやエクセルもただ使えるというだけでなく
ワードやエクセルに関する資格と言えるものを持っていれば、
パートに出ようと決めた時、職選びの幅がひろがるでしょう。
でも特に資格がない場合は、パートの職種選びが厳しくなってきます。

次のページも読まれています ひらめき
次項有 働く女性が増加した今、50代の主婦が直面する現実。
次項有 ワードとエクセルの壁。使い方が初心者である主婦の苦しみ。
次項有 主婦のパートが決まらない時も慌てちゃダメ!

自分はまだまだ元気で頑張れると思っていても、
一般的な60歳という定年まで あと何年働くことができるのか、
それを考えると、50代の自分が置かれている立場を
冷静にみることができるのではないでしょうか。
雇う側にしてみれば、少しでも長い間
働いてもらえる人を選ぶでしょうから
能力があっても、50代のパート探しが難しいとされるところは
こういうところなのでしょうね。



例えば職種で考えた時、事務職といわれる分野のパートは
50代の女性にはなかなか求人はないようです。
なぜなら、先にもいったように
あと何年働いてもらえるか、と雇用主が考えた時、
少しでも長く勤務してもられる人に
パートをお願いすると考えられるからです。
事務職は時間を積み重ねて
覚えていく内容が多い職種といえるからでしょう。
でも、目を転じれば
50代女性のパートでもニーズの高いものもあります。
現に年齢を重ねている分、いろんなアクシデントに
落ち着いて対応できるということも事実で、
そういう人材を欲しいという職場、職種も多くあります。
50代パート探し職種選びに重点を置いて考えてみるとよいでしょう。
posted by jyuka at | パート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦にピッタリ!ネットで手作り品を販売して収入をゲット。


主婦がパートに出なくても、稼ぐ方法として
ネットを使って手作り品を販売する方法があります。
テレビなどで話題になって放送されていたりするので、
在宅で何か稼ぐ方法はないかな、って
思っている主婦はご存知かもしれませんね。

主婦にピッタリ!ネットで手作り品を販売して収入をゲット。

主婦が作る手作り品には人気商品が多く、
ネットでちょっとしたお小遣い稼ぎをしようと思っていた人が、
ハンドメイドの人気作家になっていたりする例も珍しくはありません。
何も難しいものを作る必要はなさそうです。
ちょっとした手作りのものが、
世界での1点もの、ということで人気がでるようです。

50代の主婦にとって、手作りのものをネットで販売することは
手作り品を作ることよりも
販売するノウハウの方が苦手という人が少なくありません。
でも、心配はいらないようです。
最近はネット販売がスムーズにできるように、
専門のサイトが多くあります。

例えば、話題のミンネは使いやすそうですね。

minne(ミンネ) 次項有 https://minne.com/

売りあげた内の一定の料金を
手数料として支払わなければなりませんが、
そのかわり 金銭のやり取りなど面倒なことは
変わりにおこなってくれて、
ネット販売が苦手だな、という主婦でも使いやすい便利なサイトです。
既に利用者が多いので、
自分の手作りのものと似た作品も多く販売されていますが、
その分、閲覧者、利用者も多く
沢山の人に自分の手作り品を見てもらえるというメリットもあります。

ミンネのような手作り販売サイトを利用する人は
ハンドメイドの1点もの、手作りの作品を好む人ですので
販売してみると注目される可能性が高いですね。
50代という年齢も 作品には全く関係ないので、
主婦が在宅で稼ぐための方法として、
手作りをネットで販売するのはブームとなるでしょう。
posted by jyuka at | パート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦のパート探し、子持ちは難しいのか。


主婦パート探しが難しいか、と聞かれれば、
本人の希望や条件がうまくあうか、っていうところによりますが
まぁ、それなりにあると答えます。
ただ、子持ち主婦パート探しとなれば
また難しさは違ってきます。

主婦のパート探し、子持ちは難しいのか。

子持ちの主婦でも、好条件のパート先で働いている主婦はいます。
でもなかなか難しいのが本当のところ。
子どもがいると働ける条件がみな、似てくるので
パート先の争奪戦となるのも事実です。
もちろん、パート探しの難しさは
子どもの年齢にもよります。
たとえば保育園と幼稚園のどちらに通っているかによっても
母親の働ける時間は違ってくるし、
小学生でも低学年と高学年では
その地域の学童保育の仕組みによっても違うし、
留守番ができる年齢かどうか、ということも
主婦のパート探しとしては大きく左右してきます。

この記事を読んだ方は次も検索されています
次項有 パートが決まらない主婦が増加中って本当ですか?
次項有 ハローワークで求人検索していて、わかったこと。そしてコツ。
次項有 主婦がパートに出てすぐ辞めるということ。

これはなにも小さな子供だけでなく
中学生になっても高校生になっても
子持ちである以上、
自分の都合だけではパート探しはできないのです。

また、子どもの体調が悪くなったときでも、
一人で寝ていられるか、
その時に協力してくれる大人がいるか、など
その主婦を取り巻く生活環境によって、
パート探しの条件は大きくかわってきます。
ただ言えることは、なにもかも自由に
パート探しはできないということ。
年齢に関係なく子どもの生活が
主婦のパート探しには影響してくるということ。
だから、子持ちの主婦のパート探しは難しいのですね。

解決法としてはなかなかありませんが、
同じような子持ちでパートしている主婦にアドバイスをもらったり、
またその主婦が働いているパート先に
空きがないか情報をもらったりしてみるとよいでしょう。
発想の転換として、在宅でできる仕事を考えてみることも一つです。
posted by jyuka at | パート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX ツール